2014年11月29日

演奏会のお知らせ

運動会やお芋掘りといった季節を感じる行事から、プライベートな旅や家族の誕生日、七五三など、秋のイベントを無事終え、秋が走るように過ぎました。

先日の連休に、楽しいコーラスイベントを1つ終えました。
様々な職業や経歴を持つ、パワー溢れる人生の先輩方と共に歌うステージ。
なんといってもこの私が「若手」という紹介をされてしまう程なのですから(笑)。
歌に映像にMCに、ぬかりない構成の大人の学芸会でした。

20141124_131337.jpg

今年も残すところあと一ヶ月…2015年もすぐそこです。
2015年は、シベリウスの生誕150年にあたります。
http://www.sib-jp.org/

この数年、新年1月の3連休には合唱のチャリティーコンサートに出演しているのですが、来年は浜離宮朝日ホールにて行われることになりました。

シベリウスのメモリアルイヤーにちなみ、「シベリウスとその時代」をテーマにしたコンサートです。

シベリウスをはじめとした北欧の合唱作品の第一人者である指揮者による、選りすぐりのプログラム。
シベリウス、フィンランド、北欧の合唱曲の数々をお楽しみいただければと思います。


10720964_10152780870891747_1081311703_n.jpg


10719322_10152780871171747_1929445086_n.jpg

**********************************************************
JCC2015 シベリウス生誕150年記念
東日本大震災復興支援チャリティーコンサート 東京公演

2015年1月12日(月・祝)14時開演 浜離宮朝日ホール
チケット料金 2,000円(収益の一部を復興支援のために寄付いたします。)

JCC公式HP http://japanchamberchoir.wix.com/concert

**********************************************************

現在、皆で1つの演奏会を作り上げる過程をEnjoyしています。
聴きにいらしていただければ嬉しいです。








【関連する記事】
posted by Haruka at 16:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

犬島

最後に、せっかくだから行ってみよう!とプランを追加して行ってみた犬島。

船の時間の関係でタイトスケジュールでしたが、結果、行ってよかった!島でした。

明治後期に開設され、わずか10年で閉鎖してしまった犬島精錬所を保存・再生した美術館。

1416839619901.jpg

犬島に残る煙突や煉瓦などをうまく活用しながら、太陽や地熱などの自然エネルギーを利用した建築。

大昔の製錬所が美術館に生まれ変わるのも、館内は空調を使わなくても1年を通して一定の温度を保つように作られているのにも驚く。

1416839714943.jpg

美術館では、この島で生まれ育ったおばあさんの熱い解説を聞くこともでき、「現代への警鐘」ともとれる話の数々に、今の時代にどう生きたらよいかと、そこまで考えさせられるものでした。


犬島にも「家プロジェクト」が存在。2013年に出来たばかりのNew Artに出会うことができました。


▼透明アクリルを用いたギャラリー「A邸」

1416839691662.jpg

▼雲のような彫刻「F邸」

1417238671543.jpg

▼S邸の「コンタクトレンズ」は、まさにコンタクトレンズ!

1416839662808.jpg

島の静けさと自然と、歴史と斬新なアートと…観光客の一人としては、溶け合う魅力を感じました。

交通手段の都合で、一旦直島(宮浦港)に戻ってから、フェリーで高松へ帰りました。

1417240565886.jpg

島と船のアートの旅は、今年の大きな思い出となりました。
現代アートの聖地、進化し続ける島々、心やすらぐ離島の島々、これからも訪れたいです。









posted by Haruka at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

直島

1416839908425.jpg

今回の旅のメイン、直島に到着。

7〜8年前、友人が直島の存在を教えてくれて、「本当にお薦め!」と話してくれたり、叔母からも話を聞いたりしていたので、ずっと行きたいと思っていた場所でした。

http://www.benesse-artsite.jp/

地中美術館・安藤ミュージアム・ベネッセハウスミュージアム・家プロジェクト…直島に2泊し、目から鱗なアートと出会う日々でした。

叔母から譲ってもらった「直島 瀬戸内アートの楽園」(著/秋元雄史・安藤忠雄ほか)という本に、これらの説明や写真が集約されています。

直島.png

直島という島を歩くだけで、びっくりするような芸術作品が普通に置かれていることが凄く、面白く、私も誰かにお薦めしたくて、旅行記を更新しています。


▼屋外作品「赤かぼちゃ」

1416841434759.jpg

▼この黄色い南瓜は、台風で流されてしまったことがあるらしい(笑)。

1416841465163.jpg

 
▼家プロジェクト 碁会所 (和室には木彫の椿の花)

1416838594946.jpg


▼護王神社

ボロボロになってしまった神社をなんとか綺麗にしたいと家プロジェクトとして再建。
地下にある石室と、地上にある本殿を繋ぐのは、光学ガラスでできた階段。

1416839595549.jpg

直島で過ごして、発想の無限性を教えられた気がします。

1416838413600.jpg






posted by Haruka at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。